元祖自作erのためのおすすめゲーミングPC

OS/Windowsの歴史と最新Windows10について

Windows初期OS「MS-DOSとWindows1.0〜3.1・NT」

 

パソコンのOSとしてWindowsが一般的に知られるようになったのは、Windows98あたりからです。しかし、WindowsOSの歴史は、Windows95が発表されるおよそ10年前に遡ります。当時、CP/MがパソコンOSの高いシェア率を誇っていたのですが、当時パソコン業界では最大手のひとつだったIBMがマイクロソフトに新しいOSのプロジェクトを持ちかけて開発されたMS-DOSが業界の形勢を逆転しました。このMS-DOSは、現在のWindowsの圧倒的シェア率の礎を作ったと言われています。

 

MS-DOSの次に発表されたWindow1.0〜3.1はWindows OSのベースとなる発展の時代になります。まず1985年に発表されたWindows1.0ではコマンド入力ではなくマウスポインタでの操作が可能に。次ぐ、1987年のWindows2.0ではデスクトップアイコンの装備と、ウィンドウの複数表示が可能になりなりました。さらに、1990年発表のWindows3.0、1992年のWindows3.1ではグラフィックが飛躍的に向上し、2年間で1,000万本を売り上げるまでに成長しました。また、1993年リリースのWindowsNT3.1は、Windows3.1とは異なりビジネス用のOSとして発展しました。

 

インターネット時代「Windows95・98・Me・2000」

 

Windows 95は、インターネットが使えるOSとして話題を集めました。これまで高いシェアを誇ってきたWindowsがインターネットブラウザ同梱を発表したことは、当時衝撃的なニュースでした。当時、すでにインターネットを取り入れているOSもありましたが、世界で高いシェアを占めていたWindowsのOSということで注目が集まったのです。さらに、Windows 95ではスタートメニューの導入やウィンドウボタンの追加が行われています。

 

1998年発表のWindows98は、初めてコンシューマ向けに発表されたバージョンです。DVDやUSBデバイスのサポートがなされ、Windows 95に比べて動きが速くなりました。一般家庭で広く普及し始めたのも、Windows 98あたりが境目となります。

 

そして、音楽やビデオの機能が強化されたWindows Me、2000年にはインターネットの互換性、使いやすさなどを改善したWindows 2000 Professionalがそれぞれ発表されました。

 

安定性・安全性を求めた「Windows XP」

 

Windows XPでは、これまで角ばっていたクラシックデザインから、なめらかな近代的なデザインへと視覚の面で一新されました。さらに安定性も高まり、コンピューターがウイルスや脅威の警告を理解することにより、より安全性が高まったOSとなります。他にも、25か国語が使用できるようになったことで、さらに世界での普及の拡大が進みました。

 

セキュリティ強化「Windows VistaとWindows 7」

 

2006年には、セキュリティがより強化されたWindows Vistaが発表されます。Windows Vistaでは視覚の向上やテレビの視聴など高度な機能が追加された反面、高いパソコンの性能が要求されました。よって、Windows XPなどで充分機能していたハードウェアがそのまま使えないという事態が発生し、残念ならが普及はそこまで拡大しなかったという結果に。

 

ですが、2009年に発表されたWindows 7はWindows Vistaの問題点を改善し、一部をオンラインで代替することによって、買い替えなくても使用できる軽いOSを実現しました。Windows Vistaを導入せずにWindows XPから直接Windows 7に移行したユーザも多いと言われています。さらに、Windows 7ではタッチスクリーンの機能も追加されています。

 

デザインの一新「Windows 8」

 

2012年に発表されたWindows 8では、ユーザーインターフェイスが一新されます。スタートボタンの表示がなくなり、アプリが一面に表示されるようになったのです。アプリはWindows 8から取り入れられたもので、スマートフォンなどのアプリを思い浮かべると分かりやすいでしょう。スマートフォン同様、Windowsストアから自分の好きなアプリを自由に購入することができます。

 

時代はWindows 10へ

 

2015年7月29日に無償アップグレードが始まったWindows 10。現在も順次ユーザのアップグレードが進められています。Windows10では、様々な機能の追加や改善が行われましたが、中でも注目したいのは2つ。まず、パソコンだけでなくタブレットやスマホでも広くWindows 10がカバーできるようになったということです。例えばタブレットを、外付けキーボードを使ってパソコンのように使用したい場合、タブレット版からPC版に容易に切り替えができるようになります。また、Windows 8スタートボタンがなくなって使いづらくなったという声から、スタートメニューも復活しました。このように、WindowsのOSは時代の波に乗りながら進化を遂げてきました。今後の発展も見逃せません。